kiji記事

【論説】SNSと監視カメラで完璧な中国の監視社会

※イメージ画像

 
英BBCの記事などを読んでいて、中国共産党が国民を鳥カゴの中に入れて監視するシステムが最終段階にあることを思い知り、ゾッとした。
 
その切り札はSNS。中国では日本以上に電子決済が進んでおり、国民はテンセントのSNS「微信(ウィーチャット)」なしには生活できないという。SNSを通じて、家計やスケジュール・栄養などあらゆる管理を行い、アカウントを凍結されれば、家の電気水道を止められるのと同様に生活手段――買い物もデートも知人との連絡手段も――断たれてしまうという。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら