cc「中朝国境の旅」

連載第31回 中朝国境の旅  人々…子供の表情  野牧雅子(宮塚コリア研究所研究員)

 
 今回紹介するのは、平成20年8月2日、鴨緑江上流の北朝鮮の写真。この旅行では多くの貴重な写真を撮ることができた。当時、夫の宮塚利雄は「昔はもっと自由に写真が撮れたし、国境で北朝鮮の人と話もできたんだが、今は中国側の監視が厳しくて、なかなかできないよ。」と嘆いていた。しかし、今から思うと、まだまだ、写真を撮って国境の河を行き来するスキがあった。
 

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら