cc「中朝国境の旅」

【連載第30回 中朝国境の旅】 ―犬小屋― 野牧雅子(宮塚コリア研究所研究員)

 
 今年の五月から改元がなされ、「令和」という元号が使われる。私が幼いころには、「明治は遠くなりにけり」という言葉があったが、これからは「昭和は遠くなりにけり」となる。私は昭和三一生まれで、両親は戦争中から戦後にかけて、青春時代を送った。私の世代の日本人はみな子供の頃、両親が食事の度に、「戦争中にこれだけの食べ物があったら、すごく嬉しかったろうね。」と言うのを聞きながら育った。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら