kiji記事

【論説】市議になるかもしれなかった殺人容疑者

※イメージ画像

 
末は市議か殺人犯か。そんな二者択一が現実的だとしたら、戦慄を覚えるが、現実の事件として起こってしまった。
 
千葉県木更津市で3月9日、石川哲久市議(71)が、義理の息子である石川祥一容疑者(44)に包丁で刺殺された。哲久市議は昨年、祥一容疑者を自身の後継者として今年4月の統一地方選に立候補させるつもりで、周囲に挨拶回りをしていたという。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら