kiji記事

新元号 選定の手続き進む

4月1日に新しい元号を発表されるのを前に、選定のための手続きが加速している。
政府は既に非公式に学者に対して案の提出を求めており、約20の案から絞り込む作業に入っているとされる。元号は伝統的に漢籍を由来とすることが多く、今回も中国文学や東洋史の学者から案が提出されているとみられるが、加えて政権支持層の保守派から国書からの採用を求める声があり、日本文学の専門家からの案も複数提出されているとされる。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら