kiji記事

【論説】政権批判と悪口を繰り返す石破議員の濁った眼

※イメージ画像

 
役人や行政機関に問題が生じた場合、質が高い野党であれば、何よりも先に再発防止策を講じる。質が悪い野党であれば、それらの問題全てを政権批判につなげて罵詈雑言を浴びせ続けるのみである。
 
昨年の自民党総裁選で惨敗した石破茂衆院議員が3月10日、漫画家の小林よしのり氏主催の討論会「ゴー宣道場」に参加した。内閣法制局長官が参院予算委員会で声を荒げた野党の質問を批判したことについて、「皆が『俺たち偉い病』にかかっているのではないか」と述べ、安倍政権全体を問題視した。
 

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら