ronsetsu論説

【論説】皆が幸せになる敗将の弁「大迫半端ないって」

大迫半端ないってもぉー。アイツ半端ないって。後ろ向きのボールめっちゃトラップするもん……そんなんできひんやん普通。そんなんできる?言っといてや、できるんやったら。
 
相手を褒めて悔しがる――かつて、こんな形のインパクトがあっただろうか。
 
日本代表のワントップとして活躍する大迫勇也選手(以下敬称略)の代名詞ともなっている話題のコメントは、2009年1月5日に行われた全国高校サッカー選手権大会準々決勝で、FW大迫擁する鹿児島城西に2-6で敗れた滝川第二主将のDF中西隆裕選手(以下同)が控室で発したコメントである。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

2022年9月より新規会員は新サイトで募集しています。
こちらでご覧ください。

yamatopress.tokyo

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会費は月額550円(税込)です。全ての記事・コラムがご覧いただけます。

会員の方はこちら