araki「拉致問題の闇を切る」

嘘   荒木和博


荒木和博

 

 

 前川喜平・前文科事務次官の「出会い系バーで女性の貧困について実地の視察調査をしていた」という論理は凄い、と正直思いました。結構感動(?)しました。こう言えるようでないと役所で出世はできないのかも知れません。

 前に書いた「山本美保さんDNA偽装事件」で山梨県警の説明を受けたときも同様のことを感じたことがあります。例えば、ぽっちゃり型の美保さんのブラジャーはBの75~80、山形の身元不明遺体はスリムな体型でブラジャーはAの70と指摘し、矛盾するではないかと言ったら、県警のK警備部長は「いや、着けられるんです」と、平然と答えたのです。一瞬「こいつに着けさせてやろうか」と思ったのですが、本人はいたって真面目な顔でした。あのときのような感じです。

 

 拉致問題ではそんな嘘が山ほどまかり通ってきました。いわゆる「飯倉公館事件」もその一つです。

 

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら