araki「拉致問題の闇を切る」

【拉致問題の闇を切る】北朝鮮の男は何者だったのか

北朝鮮の男は何者だったのか

荒木和博

 12月11日、島根県松江市で行われた「集まれ、山陰特定失踪者集会in松江」に参加してきました。この集会でちょっと驚いたことがありました。7月に山口県長門市に上陸した北朝鮮男性について渡辺雅春・救う会山口副代表が説明した内容です。

 

 この事件について、当時私は電子メールで配信している調査会ニュース2251号(7月17日付)に次のように書いきました。

—————————–

 昨日16日午前11時15分頃、長門市仙崎の住民から「路上に外国人のような男性がいる」との警察への通報がありました。本人は「3日前に北朝鮮・清津市を出発し、15日午後9時ごろに知人の木造船で日本の海域に到達後、ポリタンクにつかまって海に飛び込み漂流。16日午前6時ごろに仙崎港に上陸した」と話しているとのこと。

—————————–

 しかしこのときの渡辺副代表の話は次のようなものでした。

 

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら