araki「拉致問題の闇を切る」

拉致問題の闇を切る 第二回 荒木和博

   めぐみさんのご両親、横田滋さんと早紀江さんが2年前モンゴルで孫娘一家と過ごしたときの写真が「週刊文春」に掲載され、話題を呼びました。話題を呼んだというより、その写真を提供した有田芳生参議院議員に対するバッシングにもつながりました。北朝鮮に利用されているというのが主な批判だったと思います。

 おそらく「やまと新聞」の読者には有田議員を支持しない人が多いでしょう。私自身思想的には異なる点が多いのですが、本件に関して言えば横田さんご夫妻は有田議員が文春に写真を出すことに納得しています。決してそそのかされてとかいうことではないはずです。

 その前提で、以下は私の勝手な推測ということでご理解下さい。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら