ken「筆は剣よりも危うし」

「筆は剣よりも危うし」第一回 ありがたいご存在 三澤浩一

「筆は剣よりも強し」という。

言論は武力よりも強いんだ、ということだが、はたしてそうなのか。マスコミなどは簡単にいうが、剣に屈する筆の方が多いように見受けられる。
若い頃に読んだ本、尊敬する武道家が書いたものだったか、彼を主人公とした作品における台詞だったか、記憶が定かではないが、こんな言葉があった。「筆は剣よりも強いというが、筆を持つ手は手刀で折れる」云々と。たしかに、そうだろう。
筆は剣よりも強いとしても、筆を執る手を剣で斬り落とすのは容易なことだ。また、筆を持つのは人間なのだから、金を目の前に積まれれば、筆を投げ捨てて、金を握り締めるかも知れない。人間は力にも金にも弱いものだ。

では、この「筆は剣よりも強し」は真実ではないのか。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら