kokutai「日本への回帰」「揺るぎなき国体」

ゆるぎなき国体(二)  国体概念の成立

「国体」の語の初出

 第九十回帝国議会においても、議員によつて「国体」の定義が異なつてゐるのだが、実は歴史的にはもつと幅広い意味で「国体」といふ用語が使用されてきた。そして、国体そのものは肇国以来一貫して存続してをり、「国体」といふ語は古くから使はれてゐるのだが、今日用ゐられてゐる意味における「国体」は比較的近年に定着した概念である。
 今回は、その国体概念の定着過程を足早にたどる。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら