2020年03月29日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

3月 2020

【論説】世界の経済損失は最悪の場合1,000兆円

NY株式市場の株価下落が止まらない一因として、米国のシンクタンクが打ち出している衝撃的な数字がある。 ブルッキングス研究所は3月2日、「COVID-19が世界のマクロ経済に及ぼす影響:7つのシナリオ」という報告書を発表し […]




中国の嘘に世界中で対抗する時 西村眞悟

 「喉元過ぎれば熱さ忘れる」と言われる。これは、すぐ忘れる風潮に流されず「忘れてはならないこと」があるとする警句だ。そこで、この警句の通り、現在、世界で、何が起こっているかを見れば、真実を忘れずしっかりと脳裏に刻むことが […]


【現金給付vs商品券 コロナ経済対策どうなる?】

新型コロナウイルスの緊急経済対策について、政府・与党では検討が進む。現金給付か、それとも商品券の配布か。その両方を組み合わせる議論もあり、意見が分かれる。 ポスト安倍として名前の挙がる岸田文雄自民党政調会長は現金給付の必 […]


ファーストフードから見る日本の変化 栗林寿行(地域セキュリティアドバイザー)

長年住み慣れた杉並を諸事情により引越した。 渋谷で生まれ、渋谷で育った私はやはり、東京が好きだ。 特に、今までの人生のほとんどを過ごした、城西、城南地域には愛着がある。 引越し先は、新宿、正確に言うと、高校時代に住んでい […]




【論説】高を括っていた新型コロナの潜在力

歴史に残る大事件は、発生する前と後で社会のフェイズ(局面)が一変する。   海外の事件であれば、ベルリンの壁崩壊やソ連邦の解体、アメリカ9.11テロ、リーマンショックなど。国内であれば、日航ジャンボ墜落事件、山 […]


【拉致問題の闇を斬る】 <お役所言葉>  荒木和博(特定失踪差調査会代表)

特定失踪者家族会(今井英輝会長)では昨年12月14日、菅義偉内閣官房長官兼拉致問題担当大臣との面会の折要請文書を提出しました。これに対する回答があったのは3か月経った3月10日のこと。拉致問題対策本部事務局において石川正 […]





【『南の島のマリア』(上坂冬子著 文藝春秋社)から】  沖縄で非業の死を遂げた韓国人女医の物語 三浦小太郎(評論家)

作家の上坂冬子氏の著書に「南の島のマリア」には、日韓の真のかけ橋となりえた、一人の韓国人女性の記録が残されている。今やこの女性の存在も、この著書も忘れられかかっているが、沖縄の反米軍基地運動に韓国の済州島反米軍基地運動家 […]





【論説】解明されない新型コロナウイルスの謎

  新型コロナウイルスに関して、様々なことが判明しつつあるものの、肝心の点がいくつか謎のままである。   以前にも小欄で記したが、ピークは果たしていつになるのだろうか。風邪やインフルエンザウイルスと同 […]


【ウイグルの声最新放送です】三浦小太郎

東京オリンピックが日本人にとって大きな関心事であることは勿論ですが、2022年冬季オリンピックは北京が予定されているのです。IOCは、そして国際社会は、こんな弾圧をしている国で「平和」の象徴であり、差別をなくしルールの下 […]


【論説】IOCは一刻も早い延期表明を

  東京五輪開催の判断について、国際オリンピック委員会(IOC)委員の1人が「引き延ばせて5月下旬」と明言した報道は2月25日に流れた。その時は「さすがに5月になれば収束するのでは」という期待があった。 &nb […]