2019年08月17日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

8月 2019


【日本共産党の実態】  でたらめな日本共産党の政治資金収支報告書。公党の資格なし! 安東幹(共産主義研究家) 

 日本中で活動しているすべての政治団体は、政治資金収支報告書を総務大臣または都道府県選挙管理委員会に提出することが義務付けられている。提出された政治資金収支報告書は、公開され、日本国民ならば誰でも閲覧することができる(た […]


【論説】快楽中枢の暴走を許せば人類に未来はない

動物の側坐核には快楽中枢がある。喜びを見出すと、何度も同じ行為を繰り返して止められなくなる。ギャンブル依存症や性依存症、麻薬中毒など、人間が陥る種々の中毒症状を引き起こすのはこの快楽中枢の仕業である。   敵を […]


【教科書で教えたい近現代史】 (その3)  世界が裁く「東京裁判(極東国際軍事裁判)」元文部科学大臣秘書官  鳥居徹夫

 「先の大戦はアメリカが悪く、日本の自衛戦争であった」と昭和26(1951)年5月3日、アメリカ上院軍事・外交合同委員会の公聴会で、マッカーサー自身が、朝鮮戦争後に米上院で証言した。  実際、中国大陸で治安の良いところが […]


【論説】新聞の斜陽化が止まらない

  新聞の斜陽化が止まらない。日本新聞協会によると、2018年(10月時点まで)の新聞発行部数は3,990万1,576部と前年から約220万部も減少。14年連続の減少でとうとう4,000万部を割り込んだ。前世帯 […]


【嘗宮の伝統に基づく御造営を内閣・宮内庁そして国会議員に要請しませう】 ~大嘗宮(悠紀殿・主基殿)の屋根は千三百年の伝統を持つ茅葺きで~ [宮中祭祀問題を考へる国民の会]

一、趣旨 来る十一月十四・十五日、天皇陛下が即位後初めて新穀を皇祖天照大御神及び天神地祇にお供へになり、自らも召し上がられ、国家・国民の安寧と五穀豊穣を祈念される大嘗祭が執り行はれます。 大嘗祭は、古来日本人の生命を育ん […]



【日本への回帰】 大嘗宮の屋根  荒岩宏奨(展転社代表取締役)

 『儀式』と『延喜式』で定められた大嘗宮のつくり    今年の十一月十四日、十五日に一世一代の大嘗祭が斎行される。  先月述べたように、大嘗祭の主儀式は大嘗宮の儀であり、大嘗宮の儀には悠紀殿供饌の儀と主基殿供饌 […]




【今更聞けない皇室の基礎知識】 「小和田さんのどこが悪いの」その6 村田春樹

前号では上智大学の故渡部昇一先生や電通大の西尾幹二先生は、ご自分の理想とする皇室像と全く違う皇室になってしまっているから、東宮(当時)の岳父小和田恒氏を批判して留飲をさげているのだ、と指摘した。今号と次号ではさらに突っ込 […]





【中朝国境の旅】㉞ 国境の天使達 野牧雅子(宮塚コリア研究所研究員)

 令和元年8月2日を、ホワイトデーと呼ぶ人がいるのだそうだ。また、「り地域」なる単語もできて、韓国や韓国人を「リッチー」と呼ぶ者も現れた。韓国をホワイト国から除外する閣議決定の、なんという喜ばしいことか。祝杯を挙げたいと […]



【とおる雑言】 唖然、呆然の「選挙公報」 寺井 融(アジア母子福祉協会監事)

 参院選で、比例区名簿登載十三党の「選挙公報」を読んだ。ところが、日本がいま問われている肝腎なことが、ほとんど触れられていない。唖然、呆然である。  ①日本の平和と安定をどうはかるのか②ホルムズ海峡の安全をどう守るのか③ […]


【論説】ノリと勢いで出世する吉本興業の限界

吉本興業の問題がなかなか沈静化しない。芸人らが直営業で反社会勢力から報酬を得ていた問題は、6月8日以降、吉本側の「静観」方針によって報酬を得ていた事実を会社主導で隠ぺいしていたことが発覚し、大崎洋会長(66)と岡本昭彦社 […]


【告知】8・15 【靖国忠霊祭のご案内】

生前に沼山さんが申し込みしてました!つまり、沼山事務局長体制最後の靖国忠霊祭になります。靖国会会員でなくても参列できますので、ぜひご参集ください。 靖国忠霊祭のご案内 天皇陛下靖国神社御親拝祈願皇紀2679年 令和元年第 […]