2019年08月17日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

7月 2019

【日本共産党の実態】 今、日本共産党と戦う時。志位和夫委員長は資本論を広めるのに必死  安東幹(共産主義研究家)

 参議院議員選挙が終わった。安倍政権の勝利であった。改憲の発議に必要な議席数である三分の二には4議席足りなかったが、安倍首相の「自民党憲法改正案」にはこだわらず、広く議論して憲法改正を実現したいという呼びかけ、国民民主党 […]


【教科書で教えたい近現代史 (その2)】  世界の識者から見た「大東亜戦争」! 元文部科学大臣秘書官  鳥居徹夫

ことしもまた8月15日がやってくる。昭和20年の8月15日は、第2次世界大戦が終結し、日本が武装解除した日。日本と連合国との終戦は、サンフランシスコ講和条約が発効した昭和27(1952)年4月28日であり、この日が日本独 […]



【拉致問題の闇を切る】 荒木和博(特定失踪者問題調査会 代表)

韓国にはまだ、日本人の怒りが伝わっていない  今回の輸出管理によって韓国側は慌て始めた。韓国のメディアには連日のように日本の「報復」を報じている。それでもまだ韓国人の多数は日本人の韓国に対する積年の恨みを全く知らない。 […]








サンマ漁獲枠合意 資源保全の第一歩踏み出す

サンマの資源管理について話し合う北太平洋漁業委員会(NPEC)は今月18日、2020年から参加国・地域内のサンマの漁獲量に上限を設けることで合意した。サンマは近年、資源量の減少に懸念が高まっており、日本国内も不漁が続いて […]


【論説】選挙ポスターは税金の無駄遣いでは?

7月21日に投開票された参院選。東京選挙区は6議席を20人の候補が争った。記者が住む練馬区のある掲示板では、33人分のポスター掲示板に投開票日の21日、13人分のポスターが貼られているのみで、7人はポスター掲示を諦めたよ […]


参院選、与党が改選過半数を獲得

参院選が7月21日投開票され、自公両党は改選過半数の63議席を上回る71議席を獲得した。一方で、憲法改正に賛成する維新を含めた自公維で発議に必要な3分の2(164議席)に4議席及ばず、3党合わせて81議席にとどまった。


【論説】恨は巡り巡って己に還る

最近、テレビでムンジェイン(文在寅)韓国大統領を見かけると、反射的にチャンネルを変えてしまう。北朝鮮や中国、ロシアの指導者のようにあからさまな圧政者でもなければ、志ある平和主義者でもない。どちらにも振り切れず、金正恩氏や […]


【論説】参院選、白票でもいいから投票しましょう

若者の投票率を上げようと、投票済証と引き換えに割引サービスを提供する飲食店や遊興施設が増えている。「誰に投票すればいいのか分からない」という有権者も多いが、そんなときは白票を投じるという選択肢がある。実は、白票には棄権に […]





【日本共産党の実態】 ー恐ろしい日本共産党ー  安東幹(共産主義研究家)

日本共産党は恐ろしい集団である。日本共産党は創立以来、殺人事件や破壊事件、銀行強盗などの残虐な事件を繰り返してきた。故宮本顕治(不破哲三氏の前の日本共産党の最高指導者)が、「日本革命の展望」を執筆して、平和路線の方針を取 […]