2019年06月20日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

4月 2019


【日いづる國に生れて】 御讓位と元號廢止 高見澤絹江(我が國語を愛し學ぶ國民の會 代表)

1、  赤旗今囘の新元號制定に附いて、、共産黨の志位委員長は「國民主權にそぐはない」。「使用を強制するのは許されない」等、元號反對の發言を繰返した。皇室否定に繫がる言論は國民の反撥を招く事を重々承知の上で、誠に正直に反皇 […]


二階幹事長は自民党の悪性腫瘍である

  安倍晋三・自民党総裁は、早く二階俊博氏を幹事長から外すべきである。  統一地方選後半戦の投開票が4月21日に行われ、衆院補選も2議席(大阪12区と沖縄3区)をかけて同日行われた。両補選とも自民党の公認候補は敗れ、二階 […]


【台湾は日本の生命線】   歴史検証―台湾を中国領土とする「一つの中国」宣伝を打ち砕く   台湾研究フォーラム会長 永山英樹

■世界を騙す「台湾は中国領土」という作り話  国際法に照らせば台湾が中国の一部でないことは明らかだが、日本人を含む世界の人々はそれがわからずにいる。台湾侵略を正当化するため、「台湾は中国の領土だ」と強調する中国の「一つの […]



【論説】中立性すら無視する朝日の選挙報道

  朝日新聞による政権批判報道は、選挙の公正さをも無視し始めている。週刊朝日オンラインが衆院大阪12区補選(4月21日投開票)の戦いの模様を投開票日前の4月20日、記事にしている。  タイトルは「大阪補選で苦戦の安倍首相 […]




【論説】狙われる?GW期間中の株式相場

  4月27日(土)から始まるゴールデンウィーク(GW)は、5月6日までの10連休となる。この間、国内証券を取り扱う東京市場も休場となり、年末年始以上に取り引きできない空白が生じる。年末年始は世界中のマーケットが休みに入 […]


英国EU離脱期限 10月末に再延期

欧州連合(EU)は今月10日、ブリュッセルで臨時首脳会議を開き、12日に迫っていた英国のEU離脱期限を最長で10月31日まで延期することに合意した。英国も同意し、取り決めなく英国がEUを離脱する「合意なき離脱」は回避され […]


【ストップ・ザ・左翼政局】   4月施行の「働き方改革法」を、過労死促進法とねじまげた左翼野党の厚顔無恥   元文部科学大臣秘書官  鳥居徹夫

昨年の国会で、働き方改革関連法と外国人労働力の受け入れ拡大のための改正入管難民法が成立し、いずれも4月から施行されている。これらは、労働の現場ばかりでなく日本社会を大きな変貌を余儀なくされる転換期の到来を予感させる。  […]



痛ましい池袋の事故、免許更新を厳格化せよ

  東京・池袋の都道で4月19日昼、乗用車が150メートルにわたって暴走し、通行人を次々とはねて母子2人が死亡、8人がけがをする事故が発生した。運転していたのは87歳の男性で、「アクセルが戻らなくなった」と話しているが、 […]


天皇皇后両陛下 神宮に御譲位を御報告

天皇皇后両陛下は今月17日から19日にかけて三重県伊勢市をご訪問された。両陛下にとってこの伊勢ご訪問が最後の地方への行幸啓となる。  17日に伊勢市に到着された両陛下は神宮内宮にある行在所にてご一泊された。翌18日に豊受 […]




【CD「天正遣欧使節の音楽/アントネッロ」】 ―日本人にしか作れなかった東西ルネッサンス融合音楽― 三浦小太郎(評論家)

今回は素晴らしいCDを紹介したい。「天正遣欧使節の音楽」アントネッロ演奏(発売元: ANTHONELLO MODE)演奏者、アントネッロは鹿児島県出身の濱田芳通を中心とした、中世。ルネッサンス時代の音楽をユニークな解釈で […]


【論説】巨大ブラックホールの撮影成功

  日米欧などの国際共同研究グループが、巨大ブラックホールの撮影に成功した。世界の8つの電波望遠鏡を連動させることで地球サイズの巨大望遠鏡の役割を果たし、5,500万光年も彼方のブラックホールが画像解析された。


日本を守るために落とした命・・・F35Aステルス戦闘機パイロット 西村眞悟

 現在の駐韓アメリカ大使のハリー・ハリス氏は、一九五六年、横須賀でアメリカ海軍軍人を父に、日本人を母として生まれ、アメリカ海軍に入隊して海軍大将となり日系人で始めてアメリカ太平洋軍司令官に就任した人物である。このハリス海 […]


【連載第30回 中朝国境の旅】 ―犬小屋― 野牧雅子(宮塚コリア研究所研究員)

   今年の五月から改元がなされ、「令和」という元号が使われる。私が幼いころには、「明治は遠くなりにけり」という言葉があったが、これからは「昭和は遠くなりにけり」となる。私は昭和三一生まれで、両親は戦争中から戦後にかけて […]