2018年12月18日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

10月 2018

【論説】古墳発掘、真実の歴史知る一助に

  考古学ファンは今、ソワソワしているかもしれない。大阪府堺市の前方後円墳「大山古墳(大仙陵古墳、仁徳天皇陵)」で、宮内庁と堺市による発掘調査が10月23日から始まり、12月上旬の終了までに新たな歴史的発見がもたらされる […]




【トラトラトラ 我等裁判に勝訴す!ー靖國訴訟 東京高裁判決】 英霊を被告にして委員会 事務局長 増木重夫

今日(10月25日)、安倍首相靖国参拝控訴審の判決が東京高裁でありました。今日一日を順に振り返ってみますと、午後1時に傍聴抽選。傍聴席は74席。72名が並び、ほぼ丁度。圧倒的に相手側が多い。左系は真面目、判決は出来上がっ […]


【論説】対中国ODA3兆6500億円は正しかったのか

 日本が中国に対し行ってきた政府開発援助(ODA)が今年度で終了することになった。1979年の開始から約40年間で拠出された援助額は3兆6500億円以上に上る。  環境や教育、疾病対策にも貢献してきたという点で言えば、地 […]


【論説】激変する世界、問題意識のない野党

 世界でおかしなことが続いている。  中国で国際刑事警察機構(ICPO)の孟宏偉前総裁が拘束されたり、トルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館でジャマル・ハショギ記者が殺害されたりと、独裁国家や一国の暴走行為が連日 […]


【タジカラオの独り言】 ―映画「めぐみへの誓い」この悲劇を世界中の人々に訴える!― 野伏 翔

やまと新聞編集長土屋たかゆき氏の推薦で、今月展転者から拙著「めぐみへの誓い」が出版された。前半にエッセイ、後半に戯曲の完全版でできている。エッセイはこれまでやまと新聞に連載したものの中で拉致関連の記事に加筆訂正したもので […]


【概説 翻訳】「史実を世界に発信する会」 茂木弘道 韓国の呪術と反日(青林堂) 但馬 オサム その2―第1章 反日のエロス

 日本は竹島の領有権に関してこれまで何度もハーグの国際司法裁判所での決着を打診してきましたが、韓国側はこれを拒否し続けて今日まで来ています。 2004年(平成16年)1月の記者会見で、廬武鉉のむひょん大統領は、「独島が韓 […]


政府主催明治150年式典開催 天皇陛下の御臨席を求めず

 23日、明治維新150年を祝う政府主催の式典が憲政記念会館で開催された。出席した安倍晋三首相は「明治の人々に倣い、どんな困難にもひるむことなく、未来を切り開いていく。平和で豊かな日本を次の世代に引き渡していく」と式辞を […]


【書評】 ―「歴史のかげに美食あり」黒岩比佐子著 講談社学芸文庫― 三浦小太郎(評論家)

 本書は2010年、52歳で世を去った優れたライター、黒岩比佐子の著作中でも、最も面白い本の一つで、ぜひご一読をお勧めしたい。目次を見ているだけでその面白さは多少なりとも伝わるはずだ。 「本膳料理に不満を抱いた米国海軍提 […]


【論説】憲法改正で跳ね上がる日本の外交力

 もし日本が憲法改正によって自衛隊を国防軍として認めたならば、日本は、世界はどう変化するだろうか。  改憲は軍国主義への道――朝日新聞を筆頭にした左翼メディアの洗脳によって、国民にはこうした先入観が強く、改憲に反対する有 […]



消費税10%の衝撃を甘く見てはいけない

 安倍首相が10月15日の臨時閣議で、来年10月1日に消費増税する方針を明示した。  増税の意思を明確にすることで、賛否の論議に決着をつけ、小売店等の対策を急がせる狙いがあるとみられる。おそらく、安倍首相としては、政権を […]


【憂国の風】   「旭日旗問題」を通じて思う日韓関係 玉川博己(三島由紀夫研究会代表幹事)

 先週10月11日から済州島沖で行われた韓国主催の国際観艦式において韓国側は参加予定のわが自衛艦に旭日旗(自衛艦旗)を掲げるな、と要求してきた。自分たちが招待しておきながら、世界のどの海軍も掲げる軍艦旗をおろせ、とは余り […]



【論説】線引きのない米中対立の危険性

 歯止めの利かない米中貿易戦争を巡って、首脳会談を開催することを米国側が打診していることが明らかになった。11月末にアルゼンチンで行われるG20サミットの前後に行われる可能性がある。これにより、両大国の対立は解消するのだ […]


慰安婦の真実国民運動 国連人種差別撤廃委員会 参加報告会 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

10月9日、慰安婦の真実国民運動は参議院議員会館会議室で、8月の国連人種差別撤廃委員会対日審査会に参加した結果の報告会を開きました。  国連人種差別撤廃委員会(以下委員会)は30日に最終見解書を発表、日本政府に対し慰安婦 […]


【論説】観艦式でも抗日、陰湿すぎる韓国の日本侮辱

 韓国の異常性がまた浮き彫りになった。自衛艦旗を掲揚しないよう求められたため日本が自衛艦派遣を見送った韓国・済州島での国際観艦式で、韓国は自国艦艇に抗日を象徴する李舜臣の旗を掲げて臨んだ。政府は外交ルートを通じて韓国側に […]



【論説】逮捕や行方不明相次ぐ中国の恐怖政治

 最近、中国の闇を伝えるニュースが急増している。  7月に習近平国家主席の肖像画に墨汁を吹き付けた動画をツイッター配信した上海の女性(29)が、公安当局とみられる人々に押し掛けられたところまで動画撮影された後で消息不明と […]