2018年10月19日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

10月 2018


【憂国の風】   「旭日旗問題」を通じて思う日韓関係 玉川博己(三島由紀夫研究会代表幹事)

 先週10月11日から済州島沖で行われた韓国主催の国際観艦式において韓国側は参加予定のわが自衛艦に旭日旗(自衛艦旗)を掲げるな、と要求してきた。自分たちが招待しておきながら、世界のどの海軍も掲げる軍艦旗をおろせ、とは余り […]



【論説】線引きのない米中対立の危険性

 歯止めの利かない米中貿易戦争を巡って、首脳会談を開催することを米国側が打診していることが明らかになった。11月末にアルゼンチンで行われるG20サミットの前後に行われる可能性がある。これにより、両大国の対立は解消するのだ […]


慰安婦の真実国民運動 国連人種差別撤廃委員会 参加報告会 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

10月9日、慰安婦の真実国民運動は参議院議員会館会議室で、8月の国連人種差別撤廃委員会対日審査会に参加した結果の報告会を開きました。  国連人種差別撤廃委員会(以下委員会)は30日に最終見解書を発表、日本政府に対し慰安婦 […]


【論説】観艦式でも抗日、陰湿すぎる韓国の日本侮辱

 韓国の異常性がまた浮き彫りになった。自衛艦旗を掲揚しないよう求められたため日本が自衛艦派遣を見送った韓国・済州島での国際観艦式で、韓国は自国艦艇に抗日を象徴する李舜臣の旗を掲げて臨んだ。政府は外交ルートを通じて韓国側に […]


一帯一路の嘘と罠   西村眞悟

 我が国の海を隔てた西の東アジア情勢は、百五十年前の明治維新後に我が国が対面した状況に似てきている。そこには同じ、北にロシア、南に中国(清)そして半島に朝鮮があるが、似ているのはロシアと中国が日本に対しては「連携」してお […]


【論説】逮捕や行方不明相次ぐ中国の恐怖政治

 最近、中国の闇を伝えるニュースが急増している。  7月に習近平国家主席の肖像画に墨汁を吹き付けた動画をツイッター配信した上海の女性(29)が、公安当局とみられる人々に押し掛けられたところまで動画撮影された後で消息不明と […]


靖国神社宮司が退任の意向。週刊誌報道で宮内庁に陳謝

 今月10日、靖国神社は小堀邦夫宮司(68)が退任の意向だと発表した。小堀宮司は、6月に神社内で行われた「教学研究委員会」において天皇陛下の各地の戦没者慰霊の旅を批判する発言をしたと週刊誌で報じられ、音声データもインター […]



【今更聞けない皇室の基礎知識】 ―なぜ、女系ではだめなのか?英国の前轍に学ぶ― 村田春樹

前号では男系男子がいらっしゃる久邇家・東久邇家・竹田家・朝香家の四家を皇籍に復帰しないと、いずれ皇族は一人もいなくなってしまう。というところまで述べた。今号以降は皇籍復帰の可能性について論じてみたい。まずなぜ男系男子の皇 […]


【論説】自衛隊の観艦式不参加は当然の対応だ

 防衛省が、韓国・済州島で10月11日開催の国際観艦式に護衛艦派遣見送りを決めたのは当然の対応である。通常、軍旗は艦首と艦尾に軍艦旗を掲揚することが義務であるのに、韓国は中央マストに国旗と韓国旗を掲揚するよう要求したこと […]



【セキュリティこそ我が原点!15】 「ベニスビーチ&LAは、熱かった。(前編)」   地域セキュリティアドバイザー 栗林寿行

  ベニスビーチ(別名マッスルビーチ)は、イメージ通り、マッチョな男達がうようよしている。無理もない、ビルダーの聖地とも言うべき、ゴールドジムがある場所だ。  私が訪れたのは、2度目のNY訪問の時。アメリカはやはりデカい […]


【論説】人類史に残る本庶氏のがん治療研究

 ノーベル医学・生理学賞に京都大学特別教授の本庶佑氏(76)が、米テキサス州立大のジェームズ・アリソン博士とともに選ばれた。免疫を抑制するタンパク質を発見し、がん免疫治療薬「オプジーボ」の開発につなげた功績が評価された。



【日本への回帰】 ―天体へのロマン― 展転社編集長 荒岩宏奨

 月見と月の神   中秋の名月とは旧暦八月十五日の満月であり、その満月を鑑賞する風習のことでもある。この風習は平安時代に支那大陸から伝来してきた。旧暦の九月十三日にも月を鑑賞する風習があり、これを十三夜という。十三夜は日 […]


韓国での国際観艦式に自衛隊が不参加表明

 韓国の済州島で10月11日に開かれる国際観艦式で、防衛省は護衛艦派遣見送りを決めた。韓国が自衛艦旗である旭日旗を掲揚しないよう執拗に要求したため、折り合いがつかなかった。  


【告知】つくる会日本史検定講座のご案内

第九期日本史検定講座受講生募集開始!今期のテーマは「目からウロコの大東亜戦争論」  「新たな視点で誇りある日本の歴史を学ぶ」を目標に続けて参りました「つくる会」の日本史検定講座がいよいよ第九期を迎え、現在受講生を募集して […]