2018年08月16日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

6月 2018

西村眞悟元衆院議員「日本は『祖国日本への忠誠』『尊皇』という基軸を取り戻し、背信集団の行動を点検すべき」

30日、西村眞悟元衆議院議員は、中国の反日プロパガンダである「南京大虐殺記念館」を訪問するなど、反日的行動を繰り返す日本の政治家を批判、日本は「祖国日本への忠誠」「尊皇」という基軸を取り戻し、「背信」集団の行動を点検すべ […]





【論説】皆が幸せになる敗将の弁「大迫半端ないって」

大迫半端ないってもぉー。アイツ半端ないって。後ろ向きのボールめっちゃトラップするもん……そんなんできひんやん普通。そんなんできる?言っといてや、できるんやったら。 相手を褒めて悔しがる――かつて、こんな形のインパクトがあ […]



【論説】礼節を忘れないサムライ魂の潔さ

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で、日本代表が各上の南米コロンビアを2-1で破り、国内でも急に盛り上がってきた。日本時間で25日午前0時から始まったセネガル戦でも2度にわたってリードを許すも、引き分けに終わっ […]




【論説】最近よく聞く2020年問題とは

 最近よく聞く2020年問題。2020年は東京オリンピック・パラリンピック(東京五輪)が開催される年だが、2020年問題は東京五輪開催が決定する前から使われていた言葉だ。現在40代の団塊ジュニア世代が管理職に就き賃金水準 […]




自由主義社会を破壊するリベラリストの暴挙   新しい歴史教科書をつくる会事務局次長 清原 弘行

自由主義社会を破壊するリベラリストの暴挙 新しい歴史教科書をつくる会事務局次長清原 弘行   元来、「自由」や「人権」といった価値観を大切にするはずのリベラリストたちが、それに反する行動を取る案件が相次いでいる。  6月 […]




【論説】W杯報道にもスポーツマンシップを

 決戦、主砲、先制弾……スポーツ関連の記事では、軍事的な意味で生まれた言葉をよく使う。 日常で使う言葉も多いので、上記の単語にはさほど違和感がないが、開戦や奇襲、被弾、終戦といった、別の言葉でも置き替えられそうな単語でも […]


【論説】新幹線の事故損害、誰が賠償する?

 山陽新幹線のぞみ176号の人身事故で、死亡したのは福岡県直方市の男性介護士(52)と判明した。福岡県警は、自殺の可能性があるとみて調べているが、破損したのぞみの先頭部分は誰が賠償することになるのだろうか。 新幹線の破損 […]


【概説・英訳】「史実を世界に発信する会」茂木弘道-韓国の呪術と反日(青林堂) 但馬 オサム

【概説・英訳】「史実を世界に発信する会」茂木弘道 韓国の呪術と反日(青林堂)但馬 オサムその1―まえがき(日韓関係は変態関係である)、目次   韓国の反日が異常としか言いようのないものであることは、多くの人が感じているこ […]