2018年09月21日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

2月 2018

中国迎合勢力は安倍首相の台湾への友情揉み消しに躍起   台湾研究フォーラム会長 永山英樹

中国迎合勢力は安倍首相の台湾への友情揉み消しに躍起 台湾研究フォーラム会長 永山英樹   (1)台湾に感動を与えた安倍首相の慰問メッセージだが  日本時間の二月七日未明、台湾東部で十数人の犠牲者をもたらす地震が発生したが […]


新たな反日プロパガンダ「正定事件」に対抗 山田宏参院議員「外務省だけに任せていいのか。民間の力も借りてバチカンに働きかける」

26日、国会内において、新たな反日プロパガンダ「正定事件」を取り上げた会合が開催された。 昭和12年(1937)10月8日朝、日本軍は、河北省の正定城を攻撃、同日夜に陥落させ入城した。翌9日夜、何者かが正定のカトリックミ […]


書評 犠牲者120万人 祖国を中国に奪われたチベット人が語る 侵略に気づいていない日本人 ペマ・ギャルポ著 ハート出版   三浦小太郎(評論家)

書評 犠牲者120万人 祖国を中国に奪われたチベット人が語る 侵略に気づいていない日本人  ペマ・ギャルポ著 ハート出版 三浦小太郎(評論家)   本書はまず、著者が日本に留学生として降り立った時の話から始まる。最初は日 […]




「とおる雑言」 韓国に「事前同意」を 寺井 融 アジア母子福祉協会監事 

「とおる雑言」韓国に「事前同意」を寺井 融アジア母子福祉協会監事   安倍首相の訪韓に対して、巷では反対派の声が強い。わが家の母も妻も反対派。でも、当方は、条件付きながら賛成派である。条件とは、文韓国大統領との首脳会談に […]




看過できぬ大学入試センター試験の歴史観   つくる会事務局次長 清原 弘行

看過できぬ大学入試センター試験の歴史観 つくる会事務局次長清原 弘行   本年の大学入試センター試験日本史Bにおいて看過できない設問が出題された。1月25日の産経新聞朝刊1面でも取り上げられたため、ご存知の読者の方も多い […]


「『「南京事件」―日本人48人の証言』(小学館文庫)阿羅健一著」英訳 「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道

「『「南京事件」―日本人48人の証言』(小学館文庫)阿羅健一著」英訳「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道  『「南京事件」―日本人48人の証言』(小学館文庫)阿羅健一著その7―第二章 軍人の見た南京 1、陸軍(3 […]


日本への回帰 万世一系の天皇11   展転社編集長 荒岩宏奨

日本への回帰万世一系の天皇11 展転社編集長 荒岩宏奨  現御神(あきつみかみ)  天皇のことを「現御神(あきつみかみ)」と申し上げることもある。昭和二十一年元旦の詔書は、一般的には「人間宣言」として知られている。私には […]


「セキュリティこそ我が原点」⑧ パトロールでは、前蹴りだ!(テイクダウンでなくノックダウン編)   地域セキュリティアドバイザー 栗林寿行

「セキュリティこそ我が原点」⑧パトロールでは、前蹴りだ!(テイクダウンでなくノックダウン編) 地域セキュリティアドバイザー栗林寿行  2月と言えば、1979.2.13 GAが地下鉄パトロールを開始した記念すべき月だ。同時 […]




眞子内親王殿下結婚延期発表 2020年見込み

7日、宮内庁は、眞子内親王殿下と、小室圭氏の結婚を延期するプレスリリースを、ホームページを掲載した。 変更後の日程については、天皇陛下の譲位と新天皇の即位にかかる一連の儀式等が滞りなく終了する2020年になる見込みとして […]



《ストップ・ザ・左翼政局》    共産系労組の月刊誌に登場した前川喜平 左翼的官僚に汚染される文部科学省   フリーライター・元文部科学大臣秘書官  鳥居徹夫

《ストップ・ザ・左翼政局》  共産系労組の月刊誌に登場した前川喜平左翼的官僚に汚染される文部科学省  フリーライター・元文部科学大臣秘書官  鳥居徹夫   🔶「明治日本の産業革命遺産」に抵抗した文部科学省 […]


なるほど納得政経塾⑳ 「経済発展と無知の進行」 神奈川大学経済学部教授 経済学博士 小山和伸

なるほど納得政経塾⑳「経済発展と無知の進行」神奈川大学経済学部教授経済学博士 小山和伸   前回において、社会的分業の進展が経済発展をもたらすプロセスについて説明したが、今回はこの分業の進展が我々の無知を進行させていると […]



マリの喫茶室(15) 長寿の秘訣

マリの喫茶室(15) 長寿の秘訣   ウサギのマリは、もう7歳半。立派なシニアウサギだ。ウサギの寿命は5、6年と言われている。12歳を超えるような長寿ウサギもいるが、マリも長寿の部類に入ってきた。子どもの頃飼っていたウサ […]