2017年10月18日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

英国国民投票EU離脱濃厚報道受け麻生財務大臣緊急会見「世界経済・金融・為替市場に与えるリスクについて極めて憂慮」「外貨の流動性確保は、日銀が各国中央銀行と結ぶ通貨スワップ網を活用し対応可能」

麻生太郎財務大臣

麻生太郎財務大臣

24日、英国メディアが、英国の欧州連合(EU)残留離脱を問う国民投票で、離脱が濃厚と報じたことを受けて、麻生太郎財務大臣は午後1時過ぎに緊急会見を開き、英国国民投票の結果が世界経済に及ぼす影響について「極めて憂慮している」との見解を示した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。