2017年11月19日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

特定失踪者問題調査会荒木和博代表 内閣改造で拉致問題を軽視する、安倍政権の北朝鮮への対応の矛盾について言及「(拉致問題について)ほとんど何もしないで『最重要課題』という方が余程『暴挙』」

加藤勝信大臣

3日発表された、第3次安倍第2次改造内閣名簿の加藤勝信大臣に関する記述(首相官邸ホームページより)

特定失踪者問題調査会の荒木和博代表は、4日に発行された同会のメールマガジンで、北朝鮮による弾道ミサイル発射に言及したうえで、安倍政権の対応を厳しく批判した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。