2017年08月21日(月曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

菅官房長官、中国政府から邦人男性拘束の通報あったことを明らかに スパイ容疑報道について「我が国政府はいかなる国に対しても、そういう活動には従事していない」

28日午前、菅官房長官は、定例会見で、中国で邦人男性が、中国当局に拘束されていることを明らかにしたうえで、一部報道で、スパイ行為に関与した疑いを持たれている可能性ありと伝えられていることについて、明確に否定した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。