2017年08月23日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

自民谷垣幹事長「頸髄損傷」手術経過は順調も復帰めど立たず 症状に個人差あり場合によっては車椅子が必要に 

平成27年1月6日自民党本部の仕事始めで挨拶する谷垣禎一幹事長(Photo/ 松原 久)

平成27年1月6日自民党本部の仕事始めで挨拶する谷垣禎一幹事長(Photo/ 松原 久)

26日、自民党の細田幹事長代行は、党の役員会・役員連絡会で、谷垣貞一幹事長が、16日に自転車運転中に転倒、頸髄を損傷し手術を受けたこと、その後テレビで相撲を観戦するなど意識ははっきりしており、合併症はなく経過は順調であるが、現段階では、今後についての正確な見通しが立たないことなどを報告した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。