2017年08月19日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

民進党を支援する、共産系 やはり岡田、志位は、おかしい(岡志位)

民進党を支援する、共産系

やはり岡田、志位は、おかしい(岡志位)

フリーライター・元文部科学大臣秘書官  鳥居徹夫

 

■□参議院選挙の争点は・・「政治の安定」か「アベ政治の打破」かの選択 

第24回参議院選挙は6月22日に公示され、7月10日に投開票となる。

この選挙の争点は、何であろうか。

与党の自民・公明、そして野党ではあるが「おおさか維新の会」、「日本のこころを大切にする党」のスタンスは、対外的には防衛・安全保障の基盤強化、国内的にはアベノミクスの推進に向けた「政治の安定」である。

とりわけ5月24日にはイギリスのEC(欧州共同体)の離脱が国民投票で可決され、英国のキャメロン首相は辞意を表明した。

その影響で国内でも、その日(6月24日)だけでも、東証ダウで1300円マイナス、一時は100円を切る円高となり、まさしくリーマンショックに匹敵する事態となったことへの対応である。

ちなみに5月の伊勢志摩サミットで、安倍首相の足を引っ張り「世界経済はリーマンショックのような事態とは言えない」と反論したのが、イギリスのキャメロン首相と、ドイツのメンケル首相であった。

一方、野党である民進党・共産党が、参議院選挙で争点化しようとしているのは「一強政治の打破」「アベ政治許さない」である。

 

■□共産党は抵抗があるが、「市民連合」は無警戒 

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。