2017年11月19日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

長尾たかし衆院議員インタビュー2、尖閣周辺海域中国船大挙襲来について語る

【関連記事】長尾たかし衆院議員インタビュー1、韓国国会議員の竹島上陸を受けて、日本政府による韓国への経済制裁について言及

自民党・長尾敬衆議院議員

自民党・長尾敬衆議院議員

やまと:「今、国家の三要件という話が出たが、尖閣諸島でも、中国の公船・漁船が領海に入ってきて、無法地帯というか、取り締まりもできていない状態だ。長尾さんと尖閣問題を考えた時に、(長尾さんは)頑張れ日本!全国行動委員会の活動に同調されて、尖閣周辺海域まで実際に行って、中国公船も目撃されている」

長尾:「(中国公船に)追い掛け回された」

やまと:「その時は、(長尾さんの乗った漁船と、中国公船の)間に、海上保安庁の船が入って、事なきを得たが、中国の船が(尖閣周辺海域に)大挙して出てきている一方、日本国民は、そこに行くことができない。国会議員として、今の現状についての受け止めをお聞かせいただきたい」

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。