2018年01月21日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

日韓・韓日議連共同宣言採択 慰安婦問題や、外国人参政権問題で日本側大幅譲歩 背景に幹部議員の自虐史観

日韓議員連盟・河村建夫幹事長

11日、超党派議連、日韓議員連盟(額賀福四郎会長)と韓日議員連盟(姜昌一【カン・チャンイル】会長)は、国会内で合同総会を開催し、慰安婦問題や、永住外国人の地方参政権付与について、日本側が、韓国側に対し、大幅に譲歩した文言を盛り込んだ共同宣言を採択した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。