2017年12月17日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

無所属の会・岡田代表「北朝鮮への先制攻撃の可能性排除しない米国を、日本政府が、『高く評価する』『一貫して支持する』というのはおかしい」

6日、衆院外務委員会で答弁に立った、河野太郎外相(Photo/松原 久)

6日、無所属の会・岡田克也代表は、日本政府に対し、緊張が高まる北朝鮮情勢を巡り、トランプ米大統領の、「(北朝鮮との交渉において、)全ての選択肢は、テーブルの上にある」との発言について、「一貫して支持」「高く評価する」との立場を表明する日本政府の見解を質した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。