2017年12月17日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

中川正春元文科相、難民・日系人・外国人労働者等の移民問題包括的に取り扱う「移民基本法」の必要性訴え「本音と建て前使い、移民という言葉避けてきた。このままだと将来民族問題引き起こす」

24日の衆院内閣委員会で質疑に立った、中川正春議員(Photo/松原 久)

24日に行われた衆議院内閣委員会で、無所属の会の中川正春元文部科学大臣は、難民や日系人受け入れ、外国人労働者受入等の移民問題を包括的に取り扱う、「移民基本法」の必要性を訴えた。

中川氏は、政府の在留外国人の受け入れ方について、「国策としてどうしていくのか、根本的な議論がなされていない。人口減少等大きな課題に真っ向から取り組まなければならない」と述べた上で、各省庁が実施している外国人受け入れ制度について言及した。
・外国人技能実習制度(厚労省)
・EPA外国人看護師・介護福祉士受入(外務省)
・外国人建設労働者受入事業(国交省)
・日系定住外国人施策(内閣府)
・難民受入(内閣官房)

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。