2017年11月19日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

小池都知事、衆院選後初の都知事定例会見で、選挙関与でオリパラへの影響懸念指摘受け、安倍政権との関係改善に向けた具体的取組示せず

衆院選後初の都知事定例会見に臨んだ小池百合子都知事(Photo/松原 久)

27日、衆院選後初となる都知事定例会見を行った、小池百合子都知事は、28日で開幕1000日前となる東京五輪について、都知事自身が選挙応援等で奔走したことによる遅れや、安倍政権を厳しく批判したことによる影響を懸念する声が挙がっているとの指摘について、問題ないとの認識を示した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。