2017年12月18日(月曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

西田昌司参院議員 日本は未だ米国の占領状態と指摘「北朝鮮とんでもない国だが、日本が学ぶべき点が多々ある」

西田昌司参議院議員(Photo/松原 久)

自民党の西田昌司参議院議員は、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮について、「とんでもない国」とした上で、日本が北朝鮮から見習うべき点について自身の見解を述べた。

西田氏は、26日、京都市内で開かれた会合で、同日午前に北朝鮮が日本海上に3発のミサイルを発射したことに触れ、「とんでもない国だが、日本が学ぶべき点が多々ある」と述べた。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。