2017年07月28日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

民進党蓮舫代表、昨年9月13日に台湾籍離脱完了していたことを資料を交えて説明、「1984年7月以降台湾のパスポートは申請していないし持っていない」

自身の二重国籍問題について臨時会見を開き説明と謝罪を行う民進党・蓮舫代表(Photo/松原 久)

18日、民進党の蓮舫代表が党本部で臨時会見を開き、自身の二重国籍問題について、戸籍謄本写しの一部等の資料を交えて説明を行った。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。