2017年07月25日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

和田政宗参議院議員 J1川崎旭日旗問題で政府の見解質す「事実誤認も甚だしい。旭日旗を差別というのは日本に対する侮辱だ」

和田政宗参議院議員

10日、参議院内閣委員会において質疑に立った、和田政宗議員は、Jリーグ川崎フロンターレが、4月に韓国・水原で行われたAFCチャンピオンズリーグの試合で一部サポーターが旭日旗を掲げたことについて、アジアサッカー連盟(AFC)から、旭日旗の掲出は「人種差別的や政治的主張を禁じる規約等に違反している」として、罰金等の制裁処分が下された問題について、政府の見解を質した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。