2017年10月22日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【都議選】民進党・蓮舫代表 豊洲移転問題で百条委員会が不発に終わった原因について珍見解「都議会には解散がないからだ」

7日、中野区で民進党都議の応援演説を行った蓮舫代表(Photo/松原 久)

7日、中野駅北口で、7月の都議選で中野区から民進党公認で出馬を予定している、西沢圭太都議(37)の街頭演説会が行われ、蓮舫代表が応援に演説を行った。

蓮舫氏は、小池百合子都知事が進める行政改革への取り組みについて、「古い自民党の政治と向き合ってきている。(小池知事が)やろうとしている改革は、私達がやろうとしていることと同じものだ」と述べ、評価する考えを示した。

次に蓮舫氏は、豊洲移転問題について言及した。蓮舫氏は、「(豊洲移転問題で)百条委員会という、事実を究明する事態が起きたが、何が明らかになったか。誰が、いつ、どこで、どのように決めて、いくらお金をかけたのか。何も明らかにならなかった」と述べた上で、百条委員会が不発に終わった原因について、次のように見解を述べた。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。