2017年12月18日(月曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

テロ等準備罪盛り込む組織犯罪処罰法改正案国会審議入り 民進党山井国対委員長、金田法相をターゲットとし廃案に向け徹底抗戦の構え

金田勝年法務大臣(Photo/松原 久)

 

14日、金田勝年法務大臣は、衆議院法務委員会において、テロ等準備罪を盛り込んだ、組織犯罪処罰法改正案の趣旨説明を行った。

金田大臣は、3年後に東京オリ・パラ大会開催を控える中、世界各地で重大なテロ事案が続発し、我が国もテロの標的として名指しされ、邦人にも多数の被害を出す事件が発生していることや、テロ組織が、テロによって組織の威力を誇示し、賛同者を集め、様々な犯罪によって資金を獲得し、組織の維持・拡大を図っていることや、テロを未然に防ぐための国際協力を可能とする、「国際的組織犯罪防止条約」に、既に187の国・地域が締結済みであるが、日本は、平成15年5月、国会において締結につき承認されたものの、条約締結するための国内法が未整備のため、未だこれを締結していない現状等を説明した上で、今回の法改正の目的について、「条約の締結に伴い、必要となる罰則の新設等、所要の法整備を行おうとするものだ」と述べた。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。