和田政宗参議院議員、国会で沖縄基地反対運動を行う運動家の中に極左暴力集団過激派が存在することを認める答弁引き出す

和田政宗参議院議員

9日、参議院内閣委員会において、警察庁が、沖縄の基地反対運動を行う運動家の中に極左暴力集団が存在することを認める答弁を行った。

和田政宗参議院議員が、「基地反対運動については憲法上認められており、米軍に対し様々な思いを持つ方もいると思うので、反対運動すること自体についてとやかく言うつもりはない。しかし基地反対運動で、様々な違法行為のみならず、暴力行為まで行われていることが問題だ」とした上で、沖縄の基地反対運動における暴力行為の実態について言及した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。