2017年10月22日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

安倍首相、民進福山議員の追及に猛反論「忖度した事実がないのに、まるで事実があるかのように言うのは、典型的な印象操作だ」

外野からのヤジに苦言を呈す安倍晋三首相(Photo/松原 久)

6日午前、参議院予算委員会で、民進党・福山哲郎議員は、大阪の学校法人「森友学園」の国有地取得問題をめぐる問題で、安倍首相夫人が、建設中の小学校の名誉校長を就任したことが、財務省等の判断に影響を与えた可能性があるとして安倍晋三首相を追及した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。