2017年12月16日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

青山繁晴参議院議員、在外邦人の意見を紹介した上で、「外国人高度人材制度」に疑問呈す

自民党・青山繁晴参議院議員(Photo/松原 久)

自民党・青山繁晴参議院議員(Photo/松原 久)

2日、青山繁晴参議院議員は、自民党の外国人労働者に関する会合で、政府が、専門知識を持った高度人材の外国人に永住権を与える制度について、最短1年の滞在で永住権を与えるよう改正の検討を進めていることについて、在外邦人からの意見を紹介した上で、疑問を呈した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。