2017年07月26日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

民進党蓮舫参議院議員の二重国籍問題、適当な発言を繰り返す人物の「一貫して政治家として、日本人という立場以外では行動したことがない」発言信用できるか

13日、民進党の蓮舫参議院議員は、「これまで説明していたとおり、私は17歳の時に日本国籍を取得した。併せて、父と一緒に台湾籍を抜く作業をしたという認識で今に至っていたが、台湾当局に確認したところ、昨夕連絡があり、台湾籍が残っていたということで改めて報告をさせていただく。台湾籍を父と共に抜いたという認識は、今に至っても同じだが、17歳当時の私の記憶の不正確さによって、様々な混乱を招いたことはお詫び申し上げたい。併せて、私の高校二年生時代の記憶によって、当初から、発言がある意味一貫性を欠いていたことに関しても、お詫びを申し上げる」と述べて謝罪した。

そのうえで「私は、これまで一貫として、政治家としては、日本人という立場以外では行動したことがないし、日本人として日本のために、我が国のために働いてきたし、これからも働いていきたいと思っている」と述べ、台湾国籍に関わらず、日本人として、日本の国政に関わってきたことを強調した。

蓮舫氏は、記者団との質疑応答の際も、今回の二重国籍問題について、17歳当時の記憶に頼って発言したことが混乱を招いたという認識であることを重ねて強調したが、蓮舫氏は問題の本質を理解していないと言わざるを得ない。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。