2017年08月23日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

萩生田官房副長官、米財務省による金正恩氏らへの経済制裁について賛同の意を示す

8日午前、萩生田光一官房副長官は、米財務省が、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に対し、北朝鮮国内における人権侵害などを理由に、経済制裁の対象に指定したことを受けて、米国に賛同する意向を示した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。