2017年06月24日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

共産党は、将来の改憲に立つ革命政党 鳥居徹夫

参議院選挙も、投票日まであと5日を切り、各党とも激戦区を中心にしのぎを削っている。
 選挙の焦点は、「政治の安定」か「左翼勢力の無原則野合による混乱」かの選択である。 
 民進、共産、生活、社民の各党と左翼団体は、平和・安全保障法制の廃止などで、参議院の一人区で野党候補を一本化した。
また小沢一郎などの生活の党は複数区の神奈川、埼玉、大阪でも共産党候補を推薦した。
 これらは、選挙目当ての「アンチ安倍」の左翼勢力の野合であり、民進党と共産党の間においても、憲法観一つをとっても大きく違っている。
 自衛隊の扱い一つをとっても、民進党は合憲、共産党は憲法違反という立場であり、今回の野合は選挙対策以外の何物でもない。
 共産党の小池晃書記局長は7月3日、フジテレビの番組などで「今度の選挙は、自衛隊が違憲か合憲かが問われている選挙ではない」と、野党の選挙協力を肯定したが、野党全体の政権構想が一致しているわけではない。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。