2017年06月23日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

ネットでバトル 福島みずほ公職選挙法違反の疑い


13517414_299479367059940_8341573616378295028_o

facebookの投稿が発端となり、インターネットで福島みずほ参議院議員の選挙活動が公職選挙法違反ではないかと話題になっている。

facebook投稿者は数枚の写真を掲載し、公職選挙法第166条に抵触すると指摘。記事には「JR.東日本の職員に確認済み。たすきは示威行為、アウトだそうです」と記している。

13558852_299479443726599_29532892714117528_oまた、その場でJR職員に確認し、福島みずほ議員にも直接問いただしたが「追及したら逃げました。取り巻きが私を囲み撮影妨害」と述べている。


公職選挙法第166条

第百六十六条  何人も、次に掲げる建物又は施設においては、いかなる名義をもつてするを問わず、選挙運動のためにする演説及び連呼行為を行うことができない。ただし、第一号に掲げる建物において第百六十一条の規定による個人演説会、政党演説会又は政党等演説会を開催する場合は、この限りでない。
一  国又は地方公共団体の所有し又は管理する建物(公営住宅を除く。)
二  汽車、電車、乗合自動車、船舶(第百四十一条第一項から第三項までの船舶を除く。)及び停車場その他鉄道地内
三  病院、診療所その他の療養施設


この問題はfacebookの投稿にとどまらず大きな波紋を広げている。

まずnet geekが「社民党の福島みずほ、公職選挙法違反をしてされてダッシュで逃亡」という記事をアップ

これに反応したBUZZAP!が「netgeekがネット上の『福島みずほ議員が公選法違反』デマに踊らされて公選法違反」という記事を掲載

すると、さらにnetogeek側は「netgeekがBUZZAP!のインチキ記事に反論する」とBUZZAPの記事を掲載し反論を展開している。

皆様はどう思われますか?