2017年08月21日(月曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

防衛予算は「人を殺すため」発言の共産党こそ、戦後、人殺しを行った事実を隠し、平和政党を演出する「歴史修正主義者」だ! 

26日、NHKの討論番組に出演した、共産党の藤野保史政策委員長は、5兆円を超える防衛予算が組み込まれた、平成28年度予算を念頭に「人を殺すための予算でなく、人を支えて育てる予算を優先させていくべきだ」と述べた。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。