2017年10月24日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

人治国家・韓国を象徴 韓国釜山東区長、釜山日本総領事館前慰安婦像への対応の変遷 設置認めず強制撤去→抗議受け一転設置容認→「放置できない」と防犯カメラ設置を計画

19日、韓国・釜山東区の朴三碩(パク・サムソク)長は、在釜山総領事館前の公道に違法設置されている慰安婦像を視察に訪れ、慰安婦像管理のため、防犯カメラを設置する考えを明らかにした。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。