日本第一党党大会 桜井党首「地方議会から押さえ、政権奪取を目指す」一番最初に取り組む政策は「日韓断交」

日本第一党初代党首に就任した桜井誠氏(Photo/松原 久)

26日、東京都内において日本第一党の結党大会が開催された。

同日、初代党首に就任した桜井誠氏は、外国人参政権や外国人生活保護への反対運動について、批判的に取り上げる大手メディアに対し、「人種差別と言って切り捨てるメディアに猛省を促したい」と述べたうえで、「外国人生活保護をなんとか止めなければいけない。日本人が飢えに苦しむ一方、外国人がのうのうと暮らしている。物事には順番がある。まず最初に外国人への生活保護を止めるのが当たり前だ」と述べたうえで、「ジャパンファースト、日本第一主義は何一つ間違っていない。日本人が一番に日本人の人権を守る。国益最優先だ」と述べた。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。