2017年08月17日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

【都庁職員も安堵した‘目安箱‘ 実施していたら大変なことになっていた。 都庁職員の声】

舛添知事がインタビューに答えれば答えるほど「抗議」の電話が殺到し、今や10000件を超えている。担当する課では『仕事にならない』(職員の話)だそうだ。

◎ 実は都民‘目安箱‘を準備していた舛添知事

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。