2017年07月26日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

度重なる東京都の情報漏えいに、築地市場業界団体のトップが激怒、小池知事への不信感露わに「東京都はどうなっているのか!」

築地市場協会・伊藤裕康会長(Youtubeより)

19日、東京・築地市場で開かれた、「豊洲市場における土壌汚染対策等に関する専門家会議」で、築地業界団体のトップが、専門家会議が市場関係者に最優先で情報提供するという約束をしているにも関わらず、事前に調査データがマスコミに情報漏えいされる事態が続く現状に、怒りを爆発させ、小池百合子都知事への不信感を露わにした。

会議冒頭で、平田健正専門家会議座長は情報漏えいについて言及、東京都中央卸売市場長が「専門家小池百合子都知事への不信感を露わにした。会議の前に、データの一部が先行的に報道されるという事態が発生した。都はこれまでも情報管理に努めてきたが、このような事態になり、築地市場関係者、都民に対し大変申し訳なく思っている」と謝罪した。

この発言の後、平田座長は、築地市場協会・伊藤裕康会長に発言を求めた。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。