さいたま地裁、ワンセグ携帯のNHK受信契約義務なしと判断

26日、さいたま地裁は、NHKから国民を守る党に所属する、大橋昌信朝霞市議が、テレビを設置せず、ワンセグ機能が付属する携帯電話を所有する人が、NHKと放送受信契約を締結する義務があるかどうかの確認を求めていた訴訟について、契約締結義務がないとの判決を下した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。