2017年09月20日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

日航機緊急着陸 バードストライクではなかった タービン数十枚破損原因不明

日本航空の旅客機が離陸直後に左のエンジンから出火し、羽田空港に緊急着陸した問題で、エンジン内部のタービンが数十枚損傷していることが分かった。当初は、エンジンの吸入口に飛び込んだバードストライクの可能性があると報じられていたが、JALが調査したところ、機体に鳥が巻き込まれた痕跡はなかったという。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。