2017年08月24日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

やまと新聞バックナンバー 昭和46年6月18日「目にあまる朝鮮高校生の無法」

昭和46年6月18日付のやまと新聞に「目にあまる朝鮮高校生の無法」という記事が掲載されている。

この記事を会員向けに全文掲載する。

暴行 傷害 脅迫 窃盗

目にあまる朝鮮高校生の無法

日本高校生へ根強い敵対意識

暴力団並みの悪らつさ

裏に民族問題 朝総連、学校の扇動説も

一時は大きな社会問題までになった朝鮮高校生と日本高校生とのいがみ合いは、その後しばらく影をひそめたかのようにみえたが、最近また福岡県田川市、大阪などで朝鮮高校生の暴力、非行事件が相ついで起り、問題化している。

この種の事件では日本の高校生が加害者になった場合には民族差別事件としてマスコミに大きく取り上げられ、すぐに社会問題に発展するが、朝鮮高校生の暴力事件に関してはマスコミが目をつぶることが多くそのほとんどが表面化しないことから、あたかも日本高校生だけがいつも暴れているように見られているが、実際はその逆。こんど明らかになった大阪、九州などの場合も高校生の事件とは思われぬほどの無法、残忍さで、関係者をあわてさせている。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。