2017年07月25日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

台湾WHO総会参加問題 菅官房長官台湾の総会参加支持表明ー自身の政治的都合を優先させる中国共産党と、国際貢献のために総会参加を望む台湾。どちらの意見を尊重すべきかは明らかだ

8日に投稿された、蔡英文台湾総統のコメント(twitterより)

今月22日から31日にかけて、スイス・ジュネーブで開催される世界保健機関(WHO)総会の招待状が、台湾に届いていない問題で、菅義偉官房長官は、9日午前の定例会見で、「世界的な公衆衛生危機対応の強化」の観点から、平成21(2009)年から総会にオブザーバー参加を続けている台湾が、引き続き総会に参加することが望ましいとの見解を示した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。